幼児のつくった詩(うた)

別府港に着岸したこばると丸

会社員生活を振り返ってみますと、はじめの12年は国内勤務、13年目から海外へ出ることが多くなり、26年目に子会社へ移ったものの、3年間は神戸の病院に出向ということで、娘たちにとって大切だと思われる時期に一緒にいてあげられなかったな、と思っています。しかしいま、つらつら考えますと、長女が誕生して間もなく四国や山口と渡り歩き、次女が誕生するまでの3年間、そのうちの2年ちょっとは、まさに親子3人水いらずの生活ができた貴重な時期でした。東京生まれで東京育ちの家内にとっては、地方の生活は慣れないことが多く、なにかと苦労も多かったのだったと思いますが、わたしにとっては、その間は、子供の成長を目のあたりにすることのできた貴重な期間だったという気がしています。長女の誕生は1967年(昭和42年)2月、産後の肥立ちもよく、6月半ばに、わたしが赴任していた四国愛媛県の菊間町へ来ることになりました。家内・娘と一緒だった5か月間の田舎町での生活、何がつらかったって、やはり瀬戸内特有の凪(なぎ)で、むろんクーラーなどあるはずがなく、夜間の蒸し暑さにはほとほと閉口しました。しかし、総じて、四国での生活は楽しかったと言えるでしょう。瀬戸内での斬新な風景、目に入るものすべてがめずらしく、毎日見ていても見飽きないものでした。帰京直前には、一度は乗ってみたかった関西汽船のこばると丸で、今治から別府(温泉)への11時間の船旅も楽しいものでした。

歩行器を使って歩く長女

四国からもどったのは、その年の11月末。しかし、自宅で正月を過ごせただけで、1月に四国対岸の山口県小野田へ赴任し、家内と長女も追っかけるように、7月はじめに宇部市厚南の宿舎に落ち着きました。宇部の宿舎といっても隣の小野田との境界の山中、ボタ山がそのまま放置された炭鉱跡の荒れ地で、人家は周辺に数軒あるだけ。買い物も山を下って、バスで市中まで出なければならないのです。とくにひどかったのは、家の中にまでダンゴムシやムカデが侵入し、あろうことか一度なんか、数十センチほどの蛇までが入ってくる有様でした。さすがにこれには参りましたが、年が明けて小野田のアパートに移転できるまでの約7か月間、家内はよくがまんしてくれたな、の思いをつよくしています。
小野田のアパートは現代風の2 Kの公団タイプ、これで悩みの住環境もなんとか整い、ほどなく、中古の小型でしたが、スバル360を手に入れました。地獄から天国へと生活が一変した思いでした。山口県といえば、観光資源や温泉も多く、道路事情もよく、ドライブを楽しむには格好の場所でした。車のある利点は、遠出が楽しめたことで、東京からでは行くことかなわないと思っていた山陰へも手軽に行けたものです。日本一の秋芳洞、島根との県境の峠から見下ろした箱庭のような津和野の街並み、夭折した詩人金子みすゞを生んだ仙崎・青海島の海岸、今でも忘れません。四国と山口での生活、3歳に満たない長女を伴ってずいぶんいろいろなところを回りました。幼児がそれほどの経験を出来たということは稀有のことでしょう。とは言え、それはむろん親が楽しんだだけで、長女はなんにも覚えておらず、そんな経験は彼女のこれまでの人生におそらくなんの影響も与えなかったのでしょう。ただ、そばで一緒に暮らした2年ちょっとの間に、彼女が自分で作った詩(うた)を口ずさんだことがあり、そのことをわたしは、今にいたるもたいへん興味深く思っているのです。

ボタ山の上に立つた長女

長女が幼児期にどのように成長してきたかを「ことば」の面からとらえてみますと、通常の幼児言葉のほかに、彼女独特の言葉(用語)を発するようになったのは、宇部の山中で暮らしていた、満1歳9か月前後の頃だったと思います。造語のうち、はっきりと記憶に残るのは、バジまたはバディちゃん(自分のこと)とリロリロ(うんちのこと)の二つです。その語源みたいなこと、むろん当人が説明できるはずはなく、家内にもわからなかったようです。そんな造語を口にするようになってから、そう、半年以上経った2歳5か月の頃、なんだかブツブツと楽しそうに口ずさんでいることを認識しました。当時、長女は幼児施設的なところへは通っておらず、家内も教えたわけでないようですから、ごく自然発生的に口にするようになったのです。わたしの拙い耳を通して聴きとった詩はこうです。
タンドケ ナメナメ
ウッテモ ダメヨ
ウッテモ ナメナメ
カッテモ ダメヨ
口ずさむ詩を聴いていますと、「だめよ」の最後の語が尻上がりとなって、たいへん躍動的なメロディーでした。この詩をどのくらい口ずさんでいたか、もう記憶は薄れていますが、そう長くはなかったと思います。むろん成人となった本人はまったく記憶していません。

次女の娘(孫)

すっかり忘れていた『タンドケの詩』でしたが、それを思い出させてくれたのは、わたしの次女の娘で、その子が口にしていた訳の分からない詩が、かつて彼女の伯母さんが口にしていた詩を思い出させてくれたのです。2016年の春、在米の次女がその子を連れて一時帰国した折、あと数か月で3歳の誕生日を迎えるまでに成長していました。もうすっかり女の子でした。あいにく、わたしは体調をくずしていた時期で、孫の面倒をあまりみることができないでいたのですが、孫の方は、「ペンギンさんがなんとか、かんとか……」というような詩をかなりご機嫌で口ずさんでいました。そのときは、ふかく詮索もせず、また詩の意味を聞かないままに孫は帰国してしまいました。秋を迎え涼しくなるにつれて体調も戻りましたが、そうなると、孫が口すさんでいたペンギンさんの詩が気になってきたのです。わが家では家内が週に1回、Skypeを利用してアメリカにいる娘と顔を見ながら会話をしていますが、その機会を利用して、孫が口ずさんでいたペンギンさんの詩の歌詞を教えるように頼みました。返事は、年を越した2017年の2月になって、振りの入った孫の詩う姿の動画が家内のタブレットに入りました。こんな詩でした。
ぺんぎんしゃんの おおじや かわら
なもいやと
とっことっこ とことっと
しゅわっとして いいきもち
この詩の内容、理解できるのは、「ぺんぎんしゃん」ぐらいで、あとは、「とっことっこ とことっと」という軽快な動作、そして「しゅわっとして いいきもち」は、なんとなく「シャワーをしていい気持ち」のようなのですが、母親に聞いても、よく分らないようでした。結局よく分からないままに、この詩に振りを付けて歌う姿を動画で送信してきたのです。振り付けは、右手の人差し指を人形に見立てて、上向きにした左腕の内側を人形が軽快に上下し、さいごの「とっと」で右の人差し指を前頭部に持って行き、「しゅわっとして」で、いかにも気持ちよさそうに指を左腕に沿わせて下へずらしてゆき、最後の「いいきもち」で、右人差し指を使って右の手全体で左の掌の上で、気持ちよさそうに円を描くのです。リズム感はさほどなく、メロディー感もいま一つですが、聴いているこちらまでが気持ちよくなるような振りです。小稿をまとめていて気付いたのは、長女のタンドケの詩も孫の詩のどちらも、2歳半ごろの作品だということがわかり、わたしは、たいへん興味深く感じたのです。

次女の娘(孫)

3歳にも満たない幼児が詩をつくる?そのようなことが有り得るのだろうか。疑問に思ったわたしは、懇意にしている畏友河口道朗さん(東京学芸大名誉教授 音楽教育学)に問い合わせてみました。彼によりますと、その歳ごろの幼児が、だれが教えたでもないのに自分が思いついた旋律を口ずさむこと、そう珍しいことではないようです。どうしてそのようなことができるのか、結局、育った家庭を含めてその子の周りのあらゆる環境から、無意識のうちに音・動き・言葉が連動して口ずさむ旋律をつくり出すある種の素質を、その子が持っているのではないでしょうかということでした。だからと言って、ふつうはその素質が活かされることはほとんどなく、特別な教育がほどこされることがないままにしぼんでしまうのが常だとも仰っていました。また、メロディーを口ずさんでいたからといって、教育によって音楽の分野ですばらしい才能を開花するとは限らず、まったく別の分野で思わぬ素質のあることが知れるというケースもあるようです。「ペンギンしゃん動画」を見てからすでに2年5か月も経っています。この間、孫は現地で日系の幼稚園に通い、音楽に合わせてお友だちと飛び回わったり、にぎやかに踊ったり、あるいは先生に教わったと思われる歌などの動画が送られてきました。自分の作った「ペンギンしゃんの詩」はとうに忘れたかのようです。この秋からカリフォルニアのフォーマルな制度による幼稚園に入り、これからはアメリカの子どもたちとも一緒になって歌ったり、踊ったりすることでしょう。さて、わたしの孫娘、どのような成長を見せるのか楽しみではありますが、そうなったとしてもそれを見ること、わたしの年齢から考えてかなわぬことでしょう。

(2019年7月)



過去の履歴を読む